スポーツで減量がムリなら医薬品に頼るしかない

ダイエットをするためによく効果的と言われるのはスポーツなど運動をすることで脂肪を燃焼してダイエットする方法です。
しかし、年齢を重ねるとともに脂肪が燃焼しづらくなり、またかえって身体に負担になってしまうこともあります。
そこでスポーツで減量がムリなら医薬品に頼るしかない、と考える方もいます。

確かに、ダイエット用の医薬品は一般的に流通している医薬品も存在します。
ダイエット用の医薬品についての効果は内蔵に溜まった脂肪を減少させ、脂質を腸から吸収させないように働きかけることで体重を減少させるという効果も持っています。

しかし、肥満症の治療薬の服用については日本においては使用に条件があり、BMIという体重から身長を2回で割った数値で25以上の数値があった上で糖尿病および脂質異常症といった病気を持っている方のみが服用することが可能です。

日本のダイエット医薬品とは違いますが、海外のダイエット医薬品を個人で輸入して購入することはできます。
代表的な医薬品としてはゼニカルなどがあります。
ゼニカルを使用することで軟便気味になったりなどの症状が出やすくなりますが便秘気味の症状持ちの方には向いているといえます。

しかし、できるならばこうしたダイエット医薬品を服用する際には食事療法と軽い運動とを組み合わせておいたほうがより効果的にダイエットが可能です。
ダイエット医薬品はそれだけだと効き目が薄くなります。

Latest Post