過食と筋力低下が原因、ダイエットのリバウンド現象

ダイエットをして肥満を克服したり、美しい身体を手に入れたりすることは現代のトレンドなっています。
健康と美容の両サイドから必要とされていることからダイエット方法についても多様な情報が交わされるようになっており、各種情報誌やインターネットサイトで多くの口コミも行われるようになっています。
そういった情報源を参考にして減量に成功する人が多数いる一方で、目標の体重に到達した後でリバウンドにより元に戻ってしまったり、余計に体重が増えてしまったりするという人も多数います。
リバウンドの原因には様々ありますが、その多い原因の一つは過度なダイエットによるストレスの蓄積により目的を達成した開放感で過食をしてしまうというものです。
この過食が一時的なものであればある程度の体重減少は望めるものの、食べ始めると止まらなくなってしまう人も多く、元々よりもかえって太ってしまうことにつながってしまうのです。
過食によるリバウンドがかえって太らせてしまう原因はただ食べ過ぎるからというだけではありません。

特に短期間で実施したダイエットでは筋力量の減少を伴うことが多いため、ダイエットによって基礎代謝が低下していることがよくあります。
そのため、ダイエット開始前よりも食べていないつもりでもエネルギー摂取が過剰になってしまうという現象が起こるのです。
そのため、自分では過食と感じていなくても自分の身体に対してという視点を持つとカロリー過多になってしまっているのです。
ダイエットによってそういった状況を生むことを理解して、リバウンドの原因となる筋力低下を防ぐようにフィットネスも並行して行っていくことがダイエット成功の鍵となるのです。

Latest Post